癌を治す!「自己免疫や代替療法」HowToサイト

がんには、何故なるのでしょうか?


美容・健康管理 に関してはデトックスや糖質制限などのコツを集めたサイト
「自分で出来る!HowToDo♪」をこしらえましたが、

健康、特に「大敵」 である「ガンのサイト」 は? と、 調べてみましたら・・・
 「 情報が氾濫 」 していて、意外と まとまっていませんでした。

<それがこのサイトの誕生由来です。>ガンの画像
賢く・・・「 敵を知って 」対処していきたいと思います。

<ガンとは?>

「癌にかかりたい方」 は居ないと思います。
しかし、今や二人に一人が・・・
「ガン」になる 時代が来ているそうです。

どうやって 「がん」 にかかっていくんでしょうか?

私は ガンに関して思い違いがありました。

ある日突然「 風邪をひく様に 」 急に罹ってしまうものだと思っていました。
だから 罹ったら・・・

1. すぐ 病院に行く→  検査をする
2. すぐ 手術をする→ 治療をする

と思っていました。

ところが ここ一年調べてみましたら・・・

◆ ガンは毎日の生活の中で産まれ
◆ 免疫で退治され排除される
◆ 抵抗力の落ちた部分で生き残る
 

そして・・・10年かかって1cmになる

◆ 「1cmを超えたら」 急に存在感を得て増殖し始める
◆ 周囲の細胞に「抵抗性を生み出し・変化し始める」
◆ 勢力を伸ばし始め「転移」する・・・・・・・
   
身体全体を征服し死亡するということがわかりました。

でも亡くなる前には 「これだけの時間」 (10年から20年の猶予
があることを知りました!

だから・・・ もしガンにかかっても 「治すことが出来ること」

すぐ三大医療をしなくとも(手術・抗がん剤・放射線治療)
完全治療にならなくても 「寛解」 まで持っていけること 
そんな <可能性がある> ことを・・・ 知りました

要は、「知識と解決法」を 自己判断して 見つけることだとわかりました。


諦めて 「人任せ」 にしなくても 自己の身体で免疫治療出来ること
あらためて 認識して 頑張らなければいけないし

・・・ そして、 その前に自身で 「健康管理」をして 
「ガンに罹らない身体」 「罹っても治せる体」 を
自分で作り、維持すべき事を知りました。

だから皆さまにも知っていただきたく書いております
医者に頼らないくても 「病気にかからない体を」
作る大切さを お伝えしたく思います。 

最新医療情報: 話題のがん治療方法 調べてみました。
(別サイトへリンク)
CAR-T療法   ANK免疫療法とは?  放射線療法とは?

がんの原因は ・・・ 真菌? という説が出てきています。

「 抗菌 」 のし過ぎで・・・    

「菌に抵抗できなくなった私たち」 が居るのではないでしょうか?

本来の抗菌力を失って 逆に菌に侵されているとしたら・・・ 怖いです。


<三大治療への評価>
もう欧米などでは「代替え治療に意欲が進み 三大治療が衰退しているそうです。

SHT(特殊温熱療法) という治療法の<細川 博司 先生 などは
細川先生は、もうがんは 切る・焼く・盛る の「三大治療」を阻止!「まず健診を受けることをやめなさいと」と、人本来の免疫力で治すべきと提唱してらっしゃいます!



次世代の 「代替え医療」 方法が跋扈中です♪


元気な日々のために・・・ ご覧いただければ嬉しいです♪。

<私の家系は 「ガン家系」 ・・・>

遺伝的な 「家族性ガン」

両親の双方の父方(祖父)はふたりとも胃がんで亡くなっています。
父は咽頭がん、母は急性白血病(血液の癌) 伯母は大動脈瘤破裂です。

遺伝子のコピーミスがあるとしたら、ミスが多発しそうな家系です。(笑)
このサイトを作ったのも「自分で勉強したかったのが始まり」です。

でも あまりに「情報」が多すぎて 「どれが本当か?」
・・・ 正直よく判りませんでした。

ですからあちこち読み漁っては情報を収集し、そして整理するためもあり
「まとめサイト」 を作ってみました。

先生によって、細かいデティールの違う先生がいらっしゃり、
ある先生は「鉄分」を勧め、ある先生は禁忌だと・・・ 
逆を言われる方も居らっしゃいます。

でもおうおうにして、皆さん口を揃えて仰言るのが「 三大治療の頼りなさ 」
きつい言い方をすれば「 治らない 」実情・・・ でした。

ある先生のお言葉です :

「がんが治る人と治らない人との決定的な違いは?」
-----------------------------

やはり 「 考え方を変えた 」 「 食事を変えた 」 という違いが、よく挙げられます。

つまり、「今までのままでは駄目」ということなのです。
今までの自分がストレスを増長させ、病気になったわけなのですから、
積極的に患者さんが自ら  「 自分自身 」 を変える必要があるのです。

-----------------------------


このサイトにお越しいただいた皆様には、内容をお読み頂き、
「ご自分に適した方法」が、見つかるヒント になれば幸いです。