<

ガンにならない15の秘訣 生活方法 

ガンにならないのが一番ですが・・・
なってしまった後も、がん細胞をそれ以上増やさないように
”早く治癒”するように 出来るように・・・
< 15の秘訣 > を並べてみました。

 : Dr. Mercola様より引用させていただきましたが 
   日本に馴染みのない食物やオイル等はサイト主が調べて文章などを追加させて頂きました。

1. 糖分の多い飲み物や炭酸飲料をはじめ、糖分を摂らないようにする。
→ 「糖化」が問題視され始めています 私は糖質制限しています。

2. 座りっぱなしを避け、一日に1万歩を目標にする。
→有酸素運動が良いようです。できれば早歩き心拍数120位 会話が可能な程度で良いようです。
ムリはせずに・・・一日 7000歩くらいが目標でもOKだとか♪

3. 緑茶を飲み、ガンに効果のあるカテキン(ポリフェノール)である、没食子酸エピガロカテキン(EGCG)を摂取する。
→ 一日2,3杯が良いようで飲み過ぎも不眠に(汗) 程々に~

4. 蒸したブロッコリーを食べる。
(他の調理方法に比べてガンを抑制する「グルコシノレート」を多く摂取できる)


5. ブラジルナッツを食べる。( 前立腺ガン、結腸直腸ガン、肺ガンのリスクを低減させるセレニウムを豊富に含んでいる)   (これは馴染みが無いですよね?) 
   → セレンの多い食品・・・魚介類全般・大豆・玉ねぎ・にんにく

 画像 :ブラジルナッツ


6. アーティチョークを食べる。
(皮膚ガンのリスクを低減させるシリマリンという抗酸化物質を含んでいる。)
 画像 :アーティチョーク
  (ピザのトッピングに乗っていることがあります)

7. 定期的に日光を浴びる。(ビタミンDの血中濃度を調整する。)


8. 難消化性でんぷんを摂る(グリーンバナナなど)→ 食物繊維のような効果がある。
 ※ 難消化性デキストリンのことと思われます これって「冷えたご飯」でも♪


9. 肉類は、スパイス、ビール、ワインなどでマリネにすると、 赤身の肉の多い食事による大腸ガンのリスクを低減させる可能性がある。


10. オメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸のバランスを整える。
(良質なクリルオイル※ を摂り、コーン油、大豆油キャノーラ油などの加工植物油は控えること。) → オメガ3の油 DHAなどの摂取を薦めています。
 ※ クリルオイルは地球上で最もきれいな、汚染のない南氷洋に群生している南極オキアミから抽出したエキスだそうです。 

11. 眠るときは部屋を真っ暗にすること。
 (光があると抗ガン作用のあるメラトニンの生成が抑制されてしまう。)


12. 玉ネギを食べる。(ガンに対する抵抗力を付けるケルセチンを多く含む。)
※ ケルセチンは、乳房、大腸、前立腺、卵巣、子宮体の腫瘍がガン細胞に成長するのを阻害する働きがある。


13. 発ガン性のあるドライクリーニング剤のperc(パークロロエチレン)のような環境毒素を避けること。


14. フライドポテト、ポテトチップスなど、発ガン性のあるアクリルアミド(高温調理で発生する成分)を含む食品を避ける。    → トランス脂肪酸も注意~ です!

 ※ アクリルアミドは主に紙力増強剤、合成樹脂、合成繊維、排水中等の沈殿物凝集剤、土壌改良剤、接着剤、塗料、土壌安定剤らの原料として用いられている化合物
: 厚生労働省発表より

15. 発酵野菜を食べる。
 ※腸の健康を促し、ザワークラウトなどの製造工程では、ガンに対する抵抗性を示すイソチオシアン酸、インドール、スルホラファンなどの成分が産生される。