p53抗体 早期発見 がんを特定するマーカー

「p53抗体」とは?

がん細胞をもつ人の体内だけに作られる抗体を測るというものです。

その陽性率は、
◆ 0-Ⅰ期 30~40%、
◆ Ⅱ期  40%、
◆ Ⅲ期  40%、
◆ Ⅳ期  30%台
※ 早期がんに対しては従来の腫瘍マーカーの約10倍と格段に成績が向上
しています。


p53抗体と従来のマーカーと組み合わせることで、血液検査だけでも50%ぐらいの
確率でがんの疑いが判別できると期待されています。

また、患者の予後を予測する際や、治療前後にモニタリングも行う際にも有用と
されています。

 :腫瘍マーカーcomさんから

◆TP53がん抑制遺伝子は393アミノ酸からなる核内タンパク質p53をコードする.
◆p53の主な分子機能は転写活性因子であり,DNA傷害などの各種細胞ストレスや
がん遺伝子シグナルなどにより リン酸化,アセチル化などの翻訳後修飾により
活性化された後,複数の下流遺伝子の転写調節領域内に存在する特異的塩基配列
[(5′-PuPuPuC(A/T)(T/A)GPyPyPy-3′)]×2に結合し転写を活性化する

◆p53は細胞周期のG1期/S期境界での停止,アポトーシス誘導,DNA修復促進や
血管新生抑制などの重要な細胞機能に関わっている

p53は早期発見のガン遺伝子抗体 マーカーの役割だけではなく・・・下記の効用
もあるそうです♪

今 訳あって(笑) ある情報がカンタンに見れる状態です。

 <知り得た範囲ですが 平成28年での記載記事です>

PMID: 19411072(論文番号です)
p53が変異した完成した癌に正常なp53を導入すると細胞にアポトーシスを起こさせることができる → <p53を活性化させれば死ぬ癌も多い>

「原文」
Ablation of key oncogenic pathways by RITA-reactivated p53 is required for efficient apoptosis.
RITAを復活するp53による重要な発癌性経路の除去は、効果的なアポトーシスのために必要とされます。

どんどん研究していっていただいて・・・ ガンを早期発見 除去(三大治療ではなく)
できる日々を希望します。