ガン細胞内に侵入して中から治療!鳥取大

がんとなった細胞をもとへ戻せる可能性が!

RNA = リボ核酸(リボかくさん、英: ribonucleic acid, RNA)分子が・・・

がん細胞を死滅させるのでなく、がんとなった細胞を
もとへ戻せる可能性があるという発見が
鳥取大学 医学部の研究で発表されました。

< RNAとは? >
RNAはタンパク質合成に関与している・・・
という説が提唱された数年後、「Hubert Chantrenne」 は、RNAがリボソームに対して
タンパク質情報を伝達するという役割があるということを解明しました。

鳥取大学の発表では、核酸を構造の一部に持つ「核酸医薬品」へ応用できれば、
病気の原因となっている遺伝子に直接働きかけることがができる可能性があり、
一般の化学療法や手術の後に残った「がん幹細胞に有効である」との事です。

発見したRNA分子(核酸分子)のメカニズム解析を通して、さらに人体に応用可能な分子の発見につながる可能性も高いと思われます。



  :出典  鳥取大学 医学部 医学科 | イノベーション・ジャパン2012 - 大学見本市

<もう少し 詳しく調べてみました>

細胞が分裂して成熟していくことを分化と呼んでいます。
 細胞分裂した後の細胞の状態は、未分化から低分化、中文化そして高分化と段階的に成熟していくのですがこの場合は、がんがまだ小さい段階での条件下で、抗がん剤治療や手術の後に残ったがん幹細胞や、抗がん剤や放射線では効果が無かったがん細胞や治療の手段が無い末期的なガンに対してこのマイクロRNA分子を有効に働かせることが期待され研究が進んでいます。
 
悪性度が高い『未分化がん細胞』に「miR-520d」といわれる単一のマイクロRNA(核酸分子)を作用させることで、未分化がん細胞の悪性度を喪失させて、
正常な細胞の良性のがん細胞に形質変化できた との報告のようです。