PIT(光免疫療法)でガンを1分で分解!


Youtubeのがん治療を見ていましたら「画期的な報告を発見!」

PIT(光免疫療法)という近赤外線を利用したがん照射治療法を
日本の「小林久隆氏」
が長年の研究についに成果を上げ
個人的に援助をしてきたと言う、「 楽天・三木谷社長 」の経済支援を受け、本来なら何年もかかるところを、2020年春までには「 実現 」 可能! なところまで、追い上げているという報告画像です。


ネット環境が整っている方なら、すでにごらんだと思いますが、携帯やスマホしか
お使いでない方にも情報が伝わるように「画像をと内容」の抜粋をご紹介しています。
インタビューを受ける「楽天・三木谷社長」は、コスト(費用面)でも患者様に負担のない範囲で提供していきたいと考えるとのコメントを出しておいででした。





体に害のない近赤外線の近赤外光蛍光色素IR700 は従来の放射線治療と違い、ピンポイントで利用しても、周囲の組織を壊さない治療法です。

加えて、「最後の分解されたがん細胞」を免疫を司る細胞に「捕食」されるために
免疫情報も損なわず治療が受けられるという画期的な治療法です!



抗体を注射によりがんの所に運んで、マーキングして照射すれば1分後にガンは死滅してしまう。

< 死滅したがんが体内の水分を取り込み、膨張して破裂しまう様子 > 





英語ですが、一連の流れが開設されており、最後は免疫情報が流されていく様子を書いています。



死滅したがん細胞は水分の摂取により膨張破裂し分解してしまう→それを免疫を伝達する細胞が捕食し、「免疫力」を損なわずにがん細胞を撤去可能となる。






今回使用する「抗体薬剤」は無害の為、たとえ治療を途中で断念 放置しても、使用した薬剤は「 自然分解して 」血液中に吸収され、体内の循環により体外へ放出され患者には影響を与えないという事です。

※ 放射線治療に用いる「標的薬」は卵タンパクを使用するためにアレルギーのある人には使用できず、すべてのがん患者に適用するものでは無いそうです。

すべての抗体を準備するのは大変であるが、代表的ながんの抗体が5,6個あれば
5割、6割がたのがんの治療成功率が見込まれると思う。
そこに免疫抑制できる因子が2,3個加われば8,9割がたのがん治療効率を望むことが可能と思われるとの事! 素晴らしい予測をなさっておいででした。







楽天の三木谷社長は早くから「個人的に」投資を開始援助することにより
従来の倍速のスピードで開発が進んでいるとのこと。

カード決済と言い、通信業界参入と言い 三木谷さん 凄いですね♪