ビタミンCという選択

点滴によるビタミン・ケトン療法

FBでフォローさせていただいている・・・
内科医水野先生の
【点滴によるビタミン・ケトン療法】です。

この先生はビタミンCの点滴とビタミンB 摂取 ・ケトン体を活かした治療法
ガンを撲滅させようという趣旨で治療をなさっている先生です。

<先生のサイトから引用させていただきました。>
--------------------------------------------


◆ ビタミンB群などでミトコンドリアを元気に。
 ミトコンドリアが元気になるほど、癌化が起きません。

癌細胞はノーベル賞で話題の「オートファジー」を悪用して 癌細胞内のミトコンドリアを潰しているそうです。

なぜなら体内にあるミトコンドリアはがん細胞の邪魔をして「アポトーシス」させようとするからです。
(※ ミトコンドリア → 一個の細胞に300個はいるそうです)
(※ アポトーシス→ 細胞が自殺する機能)

◆ ミトコンドリアがあると、アポトーシスしやすくなるため癌細胞はミトコンドリアを
  壊そうとします。
◆ 逆にミトコンドリアが元気になれば、正常細胞は、もっと元気になり癌化しないと
  いえます。

※ このミトコンドリアの働きに、ビタミンB群などは必須のため、
  ビタミンB群を不足させない事が大切です。

◆ 点滴によるビタミン・ケトン療法
  <ビタミンCで癌細胞が自爆!>

下の写真は「高濃度のビタミンC点滴」を行ったあと の様子です。

癌細胞はブドウ糖が大好きで、どんどん細胞内に取り入れようとします。

ところがビタミンCはブドウ糖に似た分子構造のため、癌細胞は糖と間違えて
ビタミンCもせっせと取り込もうとします。

それをうまく利用したのが「ビタミンC点滴療法」です。
高濃度のビタミンCを点滴しますとガンはせっせと取り入れます。
しかし、癌細胞は、カタラーゼ活性が少なく、ビタミンCを解毒できないため
癌細胞は死滅してしまいます。

まさに自爆してしまうのです。

◆ 断糖による効果アップ
断糖によって癌細胞が飢えている状態に、ビタミンCを投与しますと
効果は一層します。
なぜならガンは必死に「糖に似たビタミンC 」を取り込むからです。

ビタミンBでミトコンドリアを活性させておいてビタミンCを大量に取り ガンを
アポートシス・自滅させるのが、ビタミン・ケトン療法です。

先生のもとにいらした患者さんはステージ4の末期の患者様ですが現在
4割の治療に成功なさっているそうです。

◆ ブロッコリーなどの自然の栄養な豊富な野菜を取り入れる
◆ お風呂で免疫力を上げるなど「自己治療」の先駆者的存在です。

先生のHPサイトはこちらです。

「内科医水野のHP」