ガンとは?! 「遺伝子の傷・変異」と言う説が主流に




そもそも「ガンは何故起こるのでしょうか?」

今一番言われていることが「遺伝子の傷」と言う言葉です。

人の細胞は60兆個 その細胞には30億文字の遺伝子暗号(塩基)がありその暗号を3つ組み合わせて出来た2万数千個の遺伝子があるそうです。
その一つ一つが毎日「コピー」され入れ替わっていくそうですが、その時に起こるコピーミスが「ガンを引き起こす」そうです。


コピーミスは一つの細胞に対しなんと3万回もあるそうで、殆どのミスコピーは淘汰吸収されるのだそうですが・・・

「生き残るやつ」がいるそうです。

通常は一個の細胞は50回もコピーされれば老化し死んでいくのですが、癌になっていく細胞は「コピーを繰り返し・変化・増強」していくそうです。

学習機能を持ち次から次へと現れる人の免疫・抗体細胞の手をくぐり抜けて行くそうです。

先程の遺伝子暗号もたった一文字の違いで「検査をくぐり抜けていく」・・・
ネット界に毎日 現れるウイルスのようですね。

ガンに関しても、昔は「ウイルス説もあったそうですが、今は完全にDNA変異(傷)と言われているそうです。

その他に、生活環境からのダメージ・・・ も言われています。
アスベスト被害の方の「肺ガン」などもそうでしょうし、被災地の「甲状腺ガン」遺伝子組換え食品の蓄積、PM21,添加物、農薬、汚染 枚挙の暇がありません。

すべて「本来のDNA」の変異を呼び起こす原因です。

こんな手強い「ガン」ですが、弱点も見つかっています。
今は、一つひとつ「弱点」を模索・追従中ですが、・・・
「ガンにひれ伏さずに」戦っている人たちが沢山居ることがわかりました。

SNSのグループなのですが、三大治療を受けずに自己治療や生活の工夫で
「寛解」まで体を維持、管理していらっしゃる人たちが発信してらっしゃいます!


手術をせずに、手術を最小限に、放射線治療でボロボロに成ったけど・・・
「医者から見放されて」、「ある先生に出会って」 なられた方たちが♪


何故そんなことが起こっているのかというと・・・
「ガンが暴れる仕組みは」 ガンの自己増幅だからです。

10年の歳月をかけて1cmの大きさになるガンですが、急激に大きくならないのは「人の体の免疫力」にあるから・・・

コソコソ「当の持ち主」の体に潜んで「栄養を盗みながら」生きているのです。

その当の 持ち主= 人の体 が、癌を成長できない環境にしてやればガンは消滅 消えていく・・・と皆さん口を揃えておっしゃります。

 

そして・・・ 私も初めて直に2年になりますが「糖質制限」してる方が多いです。
何故ならガンはブドウ糖が大好きだから! 

糖質好きなガンの性質を利用してガンをアポトーシス(自滅)させるものがありますよ♪ (p53フコダイン・販売サイト)

もっとハードなケトン体質に体を改善してらっしゃる方も・・・、
「お医者様」 (白井先生他)にも大勢居ます。